中小企業の転職まとめ

26歳男性
会社員
会社員
リクナビNEXT

 

 

 

 職場の人間関係に疲れたのと、ボーナスがカットされたのが転職のきっかけです。

 

 もともと小さな会社で正社員として採用されて働いていました。

 

 大学の頃は不況でそこしか内定がもらえず、仕方なく働いていたのですが、これ以上は耐えられませんでした。

 

 正社員としての地位を捨てるのもためらいましたが、転職先が決まってから辞めようと決めて転職活動を始めました。

 

 

 

 苦労したのは時間が取れなかったことです。

 

 休日返上で働くこともあり、しかも面接は大抵平日ですから会社に言い訳をして面接してもらうのに苦労しました。

 

 何度も平日に休むわけにもいきませんでしたから、採用の見込みがある会社を絞り、まとめてとった有給で一気に面接を受けました。

 

 1日で3社の3日連続です。さすがに疲れました。

 

 その日に面接を指定できない会社は断られましたし、交渉するのも大変で毎日毎日ギリギリの生活が続きました。

 

 

 

 大手で就職は難しかったので中小企業に絞って転職活動をしました。

 

 中小企業は採用数が少ないですが、新卒の人があまり狙わない穴場です。

 

 中小企業にも人はいますし、探すと募集は結構しています。大学の頃、大企業や有名どころばかり狙ってのを後悔しました。

 

 転職理由もはっきりと伝えました。不利な情報になる可能性もありましたが、また揉めて辞めたくはありませんから正直に説明しました。

 

 やはり正直さは伝わる会社には伝わりますので給料についてや福利厚生についてはきちんと質問しておいた方が良いです。

 

 

 

 今の仕事を辞めて転職活動をするか、仕事を続けながら転職活動をするか迷う人もいるかもしれません。

 

 私は続けながら転職活動をしましたが、どちらが正しいということは最後まで分かりませんでした。

 

 ただ、面接は平日が多いことは覚えておいてください。ですから平日に休まなければなりませんので、その時の言い訳と有給の利用を事前に計画しておく必要があります。
特に有給は最後まで取っておくと良いです。



トップページ 転職するまでの5つのステップ おすすめ転職サイト