中小企業の文具機器事務に転職する[25歳の体験談]

25歳|男性
旅行会社事務
文具機器事務
マイナビ,リクナビNEXT

 

 

入社したその日から、用事が何もないけれど、新入社員が先に帰っては駄目と7時過ぎまで居残りで、数ヵ月後には役職のある人たちの給料の遅延が始まっていました。
その後、その会社は倒産してしまったのですが「これはヤバい」という空気を感じたら、早めの決断がオススメです。

 

 

 

 

勤務期間1年もしないうちに、会社が潰れてしまったのでほぼ新人扱いだったのと、
あまりに多忙な業界だったので、別の業界での応募したので、経験者を欲しがる
事務職などでは、経歴アピールが難しかったように感じました。

 

 

 

 

入社前に、その会社の情況や口コミなどはネットで検索しておいた方が
いいという点です。

 

就職超氷河期といわれた時代の大卒でしたので、卒業と同時に
就職できれば、もうどこでもいい!と応募した会社だったのですが、希望していた
業界だったので、大喜びだったのですが、倒産後その会社の噂や口コミを
見ると悪評高く、「危ないのでは」といった噂が流れていました。

 

 

 

 

面接などで、規約は週休二日になっていますけれど、本当に休めますかといった
質問や、残業は○時間となっていますが、実質どれぐらいでしょうかといった
質問は、聞きにくいかもしれませんが、きちんと確認しておいた方がいいでしょう。
ちゃんとした会社でしたら、本当に週休二日なら笑顔で、「はい うちは土日
休めます」と言ってくれますし残業についても「締め日前後に数時間です」と
言ってくれます。

 

そこで「嫌な質問をされた」と取るような会社は、応募条件と実際の仕事条件が
随分異なるブラック体質な心配があるので、むしろ断られても苦にせず、
新しい会社を探しましょう。



トップページ 転職するまでの5つのステップ おすすめ転職サイト