中小企業にありがちな『積極採用』の落とし穴

中小企業にありがちな『積極採用』の落とし穴

中小でも優良なら採用に積極的になる必要はありませんよね

 

 転職を考えている人は、中小企業を目指すといった人も多いことでしょう。大企業では思うようにできなかった仕事が、中小企業では自分の希望ポジションにつきやすく、やりがいを感じているといった人も多いことと思います。中小企業は小回りが利く仕事ができる確率が非常に高く、自分が理想としている仕事に従事できる可能性はぐっと高まります。しかし中小企業は大企業に比べて待遇が良くないことや、休みが少ないといったデメリットもあります。これらを比較し、じっくり検討したいところですよね。

 

 中小企業への転職を検討している人に読んでもらいたい記事あります。

 

 「中小でも優良なら採用に積極的になる必要はありませんよね」

 

 大学生の就職活動は大企業へ集中し、内定が決まらない学生に対し中小企業も検討してみるよう呼びかけています。しかし中小企業は離職者が多く、また「ブラック企業」と呼ばれる企業も存在していることから、注意も必要とされます。中小企業が悪いというわけではなく、どうしてもこうした傾向が強いという話です。そのため「中小企業だから就職はやめようかな?」と考えるのではなく、「中小企業だけど会社がしっかりしているか、見極めよう」といった気持ちを持つことが肝心です。実際に中小企業へ転職して、成功を収めている人も多いのです。

 

 何かしらの必要性があって会社があり、仕事につく人がいるのですから、そのニーズにそって一生懸命頑張ることが大事なのではないでしょうか?転職がいい転機になることを願っています。



トップページ 転職するまでの5つのステップ おすすめ転職サイト