退職時の有休消化はマナー違反?退職時に知っておくべきこと

退職時に残った有給を消化するのか、それともそのままにするのかというのは、どちらか迷ってしまう人が多い部分です。

 

自分の利益を考えれば、休みがもらえて給料がもらえる有休消化がよくても、周りのみんなが嫌な思いするんじゃないかと思って悩んでしまっている人が多いでしょう。

 

そんなどちらが良いか悩んでしまっている人は、まず退職時にどんなことに気を付ければ良いかを知っておきましょう。

 

退職時は有給を取っちゃダメなの?

 

有給休暇というものは、労働基準法によって決められているので、取っても何も問題ありません。しかし、法的な部分ではそうでも、心情的に取らない方がいいかもと心配な人もいるでしょう。

 

しかし、法的に保証されているものななうえ、今まで仕事を頑張った分としてもらったものなので、しっかりと取得する方が良いでしょう。

 

みんなのためにも有給を取得しよう!

 

有給を取得しようか迷っている人の中には、周りの社員が見ている手前、自分だけ休んで給料をもらうことになってしまうのが嫌で、有給を取得しづらいと思っている人が多いと思います。

 

しかし実際には、有給をきちんと取得するべきです。なぜなら、その人が有給を取らないことで、逆に周りの人が有給を取りずらくなってしまうからです。

 

具体的には、次の退職する人も取りづらくなりますし、普通に有給で休みたい人も休みづらくなってしまいます。そんな有給を取れないような職場の雰囲気を作らないためにも、進んで取得する方が良いと言えます。

 

有給を取っても引き継ぎはスムーズに

 

有給は取った方が良いものですが、引き継ぎはおろそかにしてはいけません。引き継ぎをしっかりしないと周りの人に迷惑がかかってしまいますし、円満退社にはなりません。

 

自分の仕事はきっちり終わらせたうえで、有休取得に入れるようにしましょう。

 

関連ページ



トップページ 転職するまでの5つのステップ おすすめ転職サイト