なぜ円満退職しなければならないのか

仕事の出来は人間関係にかかっている

 転職が成功するか否かは、円満退職できるかどうかにかかっていると言っても、過言ではありません。

 

 というのも、同業界・同業種への転職の場合は特に、それまで築いてきた人的ネットワークを活用できるかどうかで、仕事の出来や質が大きく変わるからです。

 

 中小企業への転職の場合、短期間で成果を求められる傾向がより顕著なので、これまで築いてきたものをフル活用することが不可欠です。

 

 ですが、転職を急いで前職を自分の都合で退社し、かつての上司や同僚に迷惑をかけてしまうと、周囲に悪い評判が伝わり、その後の仕事に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 前職を情報源として活用できるくらいの人間関係を残せるように、円満退職を目指しましょう。

 

 

円満退職には段取りが重要!

 在職中に転職活動を始めるときには、退職のスケジューリングも一緒に考えておきたいところです。

 

 自分のキャリアや職位を考えた場合、退職までにどれくらいの期間が必要なのかをシミュレーションし、上司に退職の意向を告げてから、実際に退職できる日までを逆算して、実践しましょう。

 

 その場合、入社日に条件がある企業には応募できないことになるので、求人もしっかり取捨選択してください。

 

 

 

関連ページ

 

 



トップページ 転職するまでの5つのステップ おすすめ転職サイト