退社の理由は建前を大切に

退社の理由は本音で語らない

 

 それまで勤めていた会社を退社する理由はひとそれぞれだと思いますが、大半が「人間関係に疲れた」「給料が安い」「残業や休日出勤が多い」といった、それまでの職場や待遇への不満がベースになっていることでしょう。

 

 ですが、会社の上司だけでなく、先輩や同僚に退社の理由を聞かれたときに、もし上記のようなことが理由で退社しようと決意したのであれば、そうした本音を話す必要は一切ありません。

 

 円満退職を目指しているなら尚更、自分のキャリアアップや家庭の事情など、自己都合での退社であることを印象付ける方が得策です。なぜなら、そうした職場への不満は会社への批判にも繋がり、稚拙な言葉で表現するならば、単なる悪口となってしまうからです。少なくともそれを耳にした企業側は、そう受け取るでしょう。

 

 もし退社の理由を尋ねられても、本音と建前を使い分けるようにして、感情的な禍根を残さないように心がけることをおすすめします。

 

退社の理由をポジティブに伝えよう

 

 例えば大手企業から中小企業に転職する場合は余計に、周囲にうがった見方をされがちです。

 

 ですが、「いまの会社では業務が細分化されているので、タッチできる仕事の範囲が限られているけれど、中小企業は一人で何役もこなさなければならない。そうした経験をして、スペシャリストを目指したい」というポジティブな伝え方であれば、聞く側の印象が変わります。

 

 注意しておきたいのは、こうした理由の伝え方をした時に、「だったら、何役もこなせるようにするから、会社に残ってくれ」と引き止められてしまう可能性があるということ。退社の理由を伝える時には、引き止められるかもしれないことを考え、それを回避できるような内容にしておくことも非常に重要になってくるのです。

 

 前向きな選択であることを印象づける内容、これももちろん大切なのですが、待遇改善や条件アップなどで引き止められることのないような理由を考えることも意識しておくようにしましょう。

 

 ポイントとしては、“この会社に残っていては絶対にできないようなこと”があり、そのために退職したいと考えていると伝えること。こうしたまとめ方が退社の理由としては有効となってくるのではないでしょうか。

 

 職種に関して言及するとか、勤務地に関することを理由にするなど、ポジティブであることと引き止めを回避するような内容とを両立させられる退社理由は、探せばいくつか見つけられるはずです。

 

 また、退社の理由を伝え、それに突っ込まれた時にすぐに反応できるようにしておくことも重要となります。これらをしっかりと準備してから伝えるようにしてください。

 

 

 

関連ページ

 

 



トップページ 転職するまでの5つのステップ おすすめ転職サイト