よくある質問の回答を用意しておこう!

必ず聞かれる質問とは

 中小企業に限らず、転職の面接で必ず聞かれることに「志望動機」と「転職の理由」があります。「志望動機」では、数ある求人の中から自社を選んで応募した理由を説明します。

 

 自分が志望した理由だけを話すのではなく、自分がこれまで培ってきたスキルやノウハウを、入社後にどんなふうに活かして、貢献できると考えているのかを、語れることが大事です。

 

 「転職の理由」は、前職の退職理由にも関連することなので、書き方に注意が必要です。

 

 特に大手企業から中小企業への転職を目指す場合には、待遇や福利厚生のレベルを下げてでも、取り組みたい仕事があることをアピールしなければなりません。

 

 「志望動機」と「転職の理由」を関連付けて説明できるように、準備しておきましょう。

 

 

質問には常にポジティブな回答をする

 企業の採用担当者が面接の質疑応答で最も嫌うのが、前職の不満をストレートに告げることです。

 

 不満を解消するために転職しようと考えている応募者は、自社に入社させても、同じような状況に陥れば、すぐに退職すると思われます。

 

 転職の本当の理由がネガティブなものであっても、質問に対する回答をするときには、常にポジティブにとらえられる言い方を意識してください。

 

 

 

関連ページ

 

 

 



トップページ 転職するまでの5つのステップ おすすめ転職サイト