中小企業転職大歓迎求人サイトまとめ

リクナビNEXT [中小企業の求人数No.1]
[ 特徴 ]
転職者の80%が利用
 希望する条件にピッタリな求人を探せるのがリクナビNEXTです。業界大手のリクルートが運営する求人サイトで、求人情報のみならずスカウト機能や転職にまつわるお役立ち情報を多数掲載しているため、転職を希望する方を全面的にサポートしてくれます。
 全国各地の求人情報を網羅していますから、Iターン・Uターン転職を希望される方にも最適です。また、職種や勤務地、資格やスキルを活かした転職先を自由に検索することができます。転職を目指すなら会員登録無料のリクナビNEXTがお勧めです。

非公開求人を含む求人数 運営会社名 対応地域 お勧め度
2300件以上 リクルート 全国
他に比べて圧倒的に多い求人が多いのでここを選びました。今よりも高収入の仕事がしたいと思っていたので、給料で検索できるのが良かったです。まだ転職活動中ではありますが、少しずつ面接まで進むことが多くなって助かっています。 (20代 女性)
自分と似た方がどのくらいで転職できたか、というデータは画期的ですね。ある程度の目安になるので何かと計画を立てやすいです。(30代 男性)


転職を考えていたのでリクナビNEXTにスカウトレジュメを登録していたら、ある会社の人事担当者からきのう連絡があった。中小企業だが、こちらの希望する条件で面接のお問合せ。匿名で自分の職歴が登録できるなんて、便利な世の中になったものだ。今の会社にバレルこともないし、転職を考えている人間のとっはありがたいシステムだ。(40代 男性)


リクナビNEXTにある機能のひとつで目安応募数という機能があるが、僕のような中小企業に勤務する身にはとても助かると思った。実際に転職サイトを利用しての転職は、何社ぐらいの会社に応募すればよいのか見当がつかない。この目安応募数で転職ゴールを設定すると、あと何件の会社に応募すればいいか分かる優れものだ。(30代 男性)


掲載数が多く、求人を見つけやすいのは確かです。しかしこれだけ大手の就職サイトとなると利用している人も多く、応募倍率が高いのでなかなか思うようにいかないこともあります。中年にもなるとやはり年齢で落とされてしまうのだろうかとも思いますが…。やはり良い求人にはそれだけ多くの人が応募しているのでしょう。なかなか大変です。(40代 男性)
リクルートエージェント
[ 特徴 ]
優秀な非公開求人を多数保有
基本的にはリクナビNEXTのような転職サービスと同じですが、明確な違いはこちらはキャリアコンサルタントによるサポートがメインということです。
まだ明確に転職する予定はなくとも、相談から始めるという利用法もありでしょう。

非公開求人を含む求人数 運営会社名 対応地域 お勧め度
63000件以上 リクルート 全国
希望の条件にあう企業を紹介していただけました。企業情報も詳しく教えて頂けるので、合わないと思ったら別の案件も紹介していただけます。エージェントの方と面談をしなくても電話のみでの対応もしていただけます。(20代 男性)


リクルートエージェントのキャリアアドバイザーと面談して、私が希望する条件をお伝えした後に求人先を紹介してもらいました。長年チラシや名刺などを印刷する中小企業に勤めてまいりましたが、キャリアアドバイザーからこれまでの業種とはまったく異なる職種を薦められました。自分自身でも気付かないような点も指摘され、目が覚めるような思いをしました。(50代 男性)


中小企業ばかりですが、これまで転職を何回か繰り返してきました。他にも同じようなサイトがありましたが、リクルートエージェントを選んだのはCAと面談して、希望条件を伝えることができるからです。担当のキャリアアドバイザーにすべてを話して、面接での注意点などをとてもに丁寧にしてくれました。ただ最初の頃は比較的多くの案件を紹介してもらいましたが、最近ではどんどん紹介案件が少なくなりました。(40代 男性)


リクルートエージェントの強みとはプロの転職アドバイザーからサポートがもらえるとのことです。まず、リクナビNEXTで会社を絞り、次にリクルートエージェントで企業選択のアドバイスをもらう使い方もありです。登録する価値はあると思います。(30代 男性)
マイナビエージェント
[ 特徴 ]
 転職を考える方にお勧めなのがマイナビエージェントです。求人情報の他に転職に役立つ情報も満載です。職務経歴書の書き方や人材紹介会社を活用した転職方法など、必要な情報を的確に届けてもらえます。
 検索機能も充実しており、職種や専門分野をはじめ、希望条件を設定して検索できたり、フリーワードによる検索も可能です。また、会員登録することでプロの転職コンサルタントからスカウト(紹介)を受けることが可能になり、転職の幅もぐっと広がります。
 マイナビエージェントのスカウトを利用し、自分に最適な仕事を見付けましょう。

非公開求人を含む求人数 運営会社名 求人の地域 お勧め度
18600件以上 マイナビ 全国
今まで自分で応募するケースのサイトを利用していましたが、今はコンサルタント付のサイトで大満足です。中小企業でも自分の資格を活かしてみたい企業があります。相談すると、次回必ず紹介してくれるのが強みです。 ほとんどが非公開求人なのでライバルも少なく、転職成功率も高い様子(30代 男性)

一人一人にコンサルタントが付くマイナビ転職エージェント。無料なので登録しました。業種別に専門コンサルタントの方がいるので、話もスムーズです。(30代 男性)

とりあえずキャリアコンサルタントの方と相談するだけでも可。今すぐに転職するつもりはなくても、良い条件のものがあれば・・・という考えです。(20代 男性)

友人からマイナビエージェントはコンサルタントの質が高いと聞いたので利用しました。とにかく対応が迅速で、面談や電話、メールなどでも親身に相談に乗ってくれます。希望の会社へ転職できそうです。(20代 女性)
はたらいく

[ 特徴 ]
地方求人に特化した転職サイト
 「大都市の求人は多いけど地方の求人がない」そんな方々の要望に応える、地方求人特化の転職サイトです。一般の就職サイトとしての面も持ちあわせており、中小企業を希望する方には非常に人気のあるサイトとなっております。
他サイトのようなスカウト機能などももちろん備えており、高品質にまとめられております。


求人数 運営会社名 求人の地域 お勧め度
約1000件 リクルート 全国
地元の中小企業を探すならやはりここ。こういってしまうのもあれだが、私にはちょうどいい身の丈にあった求人が揃っている。(20代 男性)




中小企業へ転職するメリットとは?


実力主義である

 多くの社員を有する大企業に比べて、中小企業は組織の人員が少なく、規模もそう大きくはありません。
そのため個人の活躍や業績が目立ちやすく、学歴云々よりも実力がすべてといえます。
組織に欠かせない存在ともなれば早々と出世するのも夢ではありません。


社長との距離が近い?

上記の理由と同じくして、社員と社長との距離が近いという特徴があります。
平社員でありながら社長に意見する、という機会もありうるかもしれません。


転勤がない?

必ずしもすべての中小企業がないとは言い切れませんが、そもそも支店や出張所がない場合には転勤しようがありません。
絶対に転勤したくない、という方には一考の余地ありでしょう。


 一言で中小企業への転職といっても、いわゆる中小企業から中小企業へ移る場合と、大企業から中小企業へ移る場合の二通りがあります。

 前者はともかく、後者はなぜわざわざ転職するの?と感じる方もおられることでしょうが、そう珍しいケースではありません。
 人間関係のいざこざでの転職はどこでも起こり得ますし、競争社会に疲れた、もっとのんびり働きたいといった事情での転職は何時の時代も存在します。
 中には安定した大企業なんてつまらない!という野心あふれる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 さて、当サイトでは転職を成功させるための方法を大きく二つにわけて紹介いたします。
両者とも得意とする部分が違うため、転職の際にはぜひ二つの手段をフル活用することをおすすめいたします。


プロに相談してサポートしてもらう


 転職エージェントを有するキャリアコンサルティングサービスを利用することで、転職のプロフェッショナルがあなたを無料でサポートしてくれます。 以下はサービス内容の一部ですが、これ以外にも様々な面からあなたの転職活動をサポートしてくれます。


非公開の求人を紹介してもらえます
 求人サイトなどに公開してある情報は約80%から90%が非公開といわれ、全体のほんの一部にしか過ぎません。
 コンサル系のサービスに登録すると、転職のプロフェッショナルたちがあなたに最適と判断した非公開求人を紹介してくれます。

 
あなたの強み、価値を客観的に教えてくれます

 転職活動をするにあたって、まず自分に何ができるか、どれほどの市場価値があるのかといった自己分析は必要不可欠です。
 キャリアコンサルタントは客観的な視点からあなたを分析し、より正確なあなたの強みを提示してくれます。


面倒な手続きや、言い出しづらい年収の交渉などを代行してくれます


 面接日時の打ち合わせや手続きといった作業や、見事転職に成功した際の入社日の調整といった交渉はあなたの専属のキャリアコンサルタントが代行してくれます。
 あなたの負担を減らすことで、働きながらでも転職活動を行うことが可能です。


 

コラム

転職は働きながらやりましょう

 大企業から中小企業に転職をするともったいないと思うかもしれませんが、実際にはそういう転職をする人も少なくありません。もちろん転職は給与アップやキャリアアップを狙って就職するという場合もありますが、大企業には大企業の大変さもあるのかもしれませんね。ただ大企業=仕事が出来る有能な人というイメージがあるので大企業から中小企業に転職する場合は比較的楽に転職先を決める事が出来るでしょう。

 また転職の難しさは年齢に比例します。20代の転職は比較的しやすいと思います。企業も経験よりも将来性で採用してくれるからです。
 しかし、30代、40代と年を重ねる事にだんだんと転職は難しくなってきます。
最近では60歳で定年退職した後、65歳の年金の支給までの5年間を再就職したいという人は多いですが、不景気ですし、高齢の仕事となると難しいのが現状です。

 転職する時は仕事を辞めないで下さい。働きながら転職活動するのは大変なのは分かります。しかし、仕事を辞めて就職活動をすると失業手当が出ているうちはいいのですが、失業手当が出なくなると貯金を崩しながらの転職活動になります。焦りも出てきますよね。思うように仕事が見つからない、見通しが甘かったと辞めてから後悔してももう遅いのです。それで焦って前より条件の悪い転職をしてしまっては転職の意味がありませんよね。

 働きながらの転職活動は大変ですが、転職サイトを上手に活用すると効率よく出来るでしょう。企業の方からスカウトしてくれる場合もありますから、次に仕事が決まってから退職して下さいね。

中小企業へ転職したい方に読んで欲しいおすすめナビ